読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味本位

まとめたり,まとめきれなかったり.

amakan が便利

amakanてなに

amakan.net

Amazonで買った漫画を(半自動的に)読み込んでくれて、管理出来るサービス。購買履歴からシリーズの次の巻の発売日も自動的にAmazonから引っ張ってきて表示してくれる。

好きなところ

書籍や漫画にフォーカスしたサービスは数あれ、交流しましょうとかお膳立てされてもフレンド申請するのも少し身構えてしまったり、 書評を書きましょうと言われると文章の校正がなかなか終わらずにいつまでも公開できずにいたりする。

もちろんそんなソーシャルな機能があっても良いのだけれど、 amakan は結局 「新刊はいつでるんだよ」 という単純な欲求に応えるところの、 新刊リスト・新刊カレンダー機能がしっかり軸としてあるので、その部分に一番響いている。

期待

ホームに何を表示するかや、漫画(or ライトノベル)のタブに何を表示するかはまだまだ良くなる余地がありそう。 単純なランキングやCollaborative Filteringの結果をそのまま載せてもAmazonのコミックのページと差異がないしなあと思ってしまうがどうだろう。作者の方も色々考えているようなので期待。

正直いまのamakanのトップページなどのコンテンツは単なる賑やかし程度の機能しか持っていないと思っていて、推薦とニュースの仕組みを導入する必要があることは開発前から認識していた。「読んだ」「読みたい」ボタンがあるので、推薦自体は共起頻度を解析するサーバリソースさえ確保できるようになれば、つまりお金をかければ何とかなると思う。 日報 2016-07-18 - 日報 より

最後に

購買履歴をオープンにすることに抵抗がない場合はとりあえず登録してみると良いと思う。 類似サービスで、結局キーワードとか作者とかそのあたりを手動で登録したりするのすら面倒な人にもおすすめ。

さあ、あなたも購入漏れを見つけて思わぬ出費を発生させよう。