興味本位

まとめたり,まとめきれなかったり.

エリック・カール展で出会ったパッツォウスカー

エリック・カール

f:id:ekranoplan94:20170501105358j:plain

この手の展覧会は内容柄、子供連れ、とりわけ就学前の子供と親が多い。はしゃぐ声や時には泣く声が聴こえるのもまた一興というところである。 そういった意味では、混雑を避けるために平日の5/1を狙ったことが功を奏したかは定かではない。

エリック・カールとともに生きてきた

実家には多くのエリック・カールの絵本があった。幼稚園での学芸会で《はらぺこあおむし》の劇をやったことを微かに覚えている。 《くもさんおへんじどうしたの》の凹凸をなでながら、物語の最後にはきれいな歌声を披露した《だんまりこおろぎ》が、本の電池切れのせいでだんまりに戻ってしまった。 各1冊の子供の科学とNewtonを友人と心躍らせながら読んでいた小学校の読書の時間の残り半分は《ちいさいタネ》を繰り返し読んでいた。 Janice May UdryのThe Moon Jumpersを手に取ったのは《パパ、お月さまとって!》の残像が少なからず頭に残っていたから。

Květa Pacovská作品の想起

最終エリアの中央に展示されていた立体物には1998年と比較的最近の日付と《ねこ》と標されていた。 この作品が目に止まった時に喚び起こされたのが、クヴィエタ・パッツォウスカーの《Rotrothorn》だった。 お互いにモチーフと表現形態は異なるが何かデフォルメされた結果行き着いた造形が異様に似通っていた。

最後の最後、それ以降の作品をその目で見てしまった影響ではないことを信じたいが、 2016年~2017年に作成された、《天使 6》《天使 7》《天使 10》のコラージュ材にみえる、 包装紙やダンボールの印刷部分とのバランスがなんとも言えない類似性を感じさせる。

家に帰って確認してみると、エリック・カールは1929年の生まれに対して、 クヴィエタ・パッツォウスカーは1928年の生まれとのことだった。ここでも妙な共通点を感じる。

f:id:ekranoplan94:20170501110941j:plain

ericcarle2017-18.com

ZBOX MAGNUS EN1070を買った

PCの不調

3回に1回くらい起動に失敗し、5回に1回くらいシャットダウンに失敗するPCを買い替えた。 ラップトップで事足りるかなであるとか、これを機にAppleに入信しようかなであるとか、 今まで幾度となく失敗してきたことを毎回わすれたように、 生活PCもLinuxにしようかなであるとか、考えているうちは楽しいものである。

大きなタワー型に心躍るにはもう年月を経てきた自覚があるので、小型のPCに絞って色々と物色していた。 感覚的には、小型であること > GPU > CPUくらいの優先度で探していた。

f:id:ekranoplan94:20170421202025j:plain

辿り着いたのが今回買った、ZOTACのZBOX MAGNUS EN1070(下のやつ)。 ギリギリ食いしん坊のお弁当箱といっても差し支えない大きさ(210×203×62 [mm])でありながら、 それなりのGPUを積んでいるし、べらぼうに高いわけでもない。 正直途中からはこのシリーズ以外の製品は比較対象にはならなかった。

小型であること

プロセッサ内蔵のグラフィックコントローラも良いし、ゲームをするわけでもないので、 はじめのうちはIntelのNUCを買おうと考えていた。 ただ、最終的には少し不安だったのでディスクリートGPUがあるタイプを選んだ。

GPUとCPU

カタログスペックと型番の数字はいつの時代も人の心を惑わせるもので、 要件以下のスペックもしくは予算的に度外視できるものを除外したあとに、 大抵2、3モデルで悩むことになる。

今回もまんまとそのパターンにはまり、 流石にGTX1080は予算オーバーで除外、GTX1070モデル陣営とGTX1060モデル陣営での脳内会議の上、 1070側に軍配が上がった。CPUは正直i5か…とは思いながらも、 最低限と消費電力的を理由に自分を納得させた。

大学入学当時に入学祝いを握りしめて秋葉原に行った時に、 家ではE6300にしようと意志を固めて望んだつもりのが、 店で悩みに悩んで結局E6600を買ってきた思い出がフラッシュバックした。

値段とか

種類 型番 値段
ベアボーン ZBOX-EN1070-U $1,049.99
メモリ W4N2400CM-16G ¥25,708
SSD SSDPEKKW256G7X1 ¥15,980

今更パーツを組み立てる気もないので既製品が良かったのだけれど、 予算とのバランスでベアボーンとした。 海外送料を考慮した上でもAmazon.comのほうが安かったので輸入することにした。 www.zotac.com

メモリは32GBくらいは積んでおくかと思ってAmazonで一番安かった、 crucialのW4N2400CM-16G(16GBの2枚セット)とした。 www.cfd.co.jp

SSDもまあIntel買っとくかという雑さでIntelの600pシリーズSSDPEKKW256G7X1とした。 ark.intel.com

開催1ヶ月後の「ゆゆ式文芸部 活動報告」参加報告

すでに開催から1ヶ月も経っているので話題性は薄れているがログとして残しておきたい。 (内容にはほとんど触れていないので悪しからず)

「ゆゆ式文芸部 活動報告会」 – LOFT PROJECT SCHEDULE

運良く番号の若い整理券を勝ち取ったので、友人と2人で参加してきた。 あまりこういうものに参加したことはなくて、ロフトプラスワンも初めてだった。

文芸部とは監督のかおりさん、脚本の高橋ナツコさん、プロデューサの小倉さんのお三方。 終始密度の高い雑談(とあえて表現したい)が約3時間半の非常に心地よい空間だった。 ただし、おそらく皆さん心地よくはありつつも、 3名の一挙手一投足、発言からなにかゆゆ式の解釈へのヒントを探していたように感じられた。

色々なネタに対するオーディエンスの反応速度に笑いながらも、 監督を中心とした3名がそれ以上のゆゆ式愛を見せてくれることに対する尊敬の念が処々で湧き上がる。 アニメゆゆ式に触れたことがある人なら楽しめるイベントであったと思うが、 原作コミックスを穴が空くほど熟読し、BDを盤面が擦り切れるほど視聴し、 各種メディアのインタビュー記事を常にチェックしている人にはまさに2京点のイベントだったと思う。

同時にそこに集まったゆゆ式度が高めのオーディエンスが、 日々それぞれ何を考えながらゆゆ式を受容しているのかを知りたいとも思った。 オフレコと言われたアニメゆゆ式に関することの詳細は書かないが、 ゆゆ式文芸部3名のパーソナルな部分も垣間見る事ができて興味深かった。

f:id:ekranoplan94:20170320125632j:plain

監督がハマっていると言っていたメロンパン。メロンパン大臣。